闘病日記風(突発性難聴)そのⅠ

題名がおどろおどろしくて、ちょっと引いてしまいそうですが、
先週から今週にかけて(今も継続中)、本当に思いかけず、
こんな病にかかってしまいました。

同じ病気にかかってショックを受けた人の、ちょっとした参考になれば、
また私の心覚えのためにも、かいつまんで顛末をつづっておこうと思います。

※なお、ここはあくまでも私の主観と感想の日記なので、
医学的関係その辺もろもろの詳しいことの信頼性は、まったく保証できませんので、
あしからず^^;


★発症数日前から前日★
○鼻風邪ぎみ。鼻のつまり等を感じる。

○ 家の周囲で、(電動機械で)草刈りをしていた。
それはかなりの騒音で、マンションの部屋のベランダの
まん前にやってきた機械の音は、まさに耳をつんざくほど?の大きさで。
相当ストレスを感じる。

○カルメーン戦W杯のブブゼラの音が、圧迫的に耳にうるさく感じた。

○前日。友人数人とランチ。気を使わないメンバーなのに、(でもかなり長時間)
 帰りに、すごく疲れてくらっと感じた。

○前日の夜。疲れていたから早く寝ようと思った。
だけど、翌日、友人と映画を見ることになり、
けっこう予約にバタバタしていた。

枕に頭をつけ目をつぶると、ぐるぐる頭が回るような気がした。(一瞬)

★発症★
朝、目覚めたら、頭、耳にぼわんという不快感。
起きだして、朝食をつくるも、違和感変わらず。
TVの音、子供たちや夫の話し声が、不安定でものすごく気持ち悪い。
たまらず、ベッドに戻り、横になる。
みんながでかけたあと、ゆっくり耳の様子を調べてみると、
右耳と左耳の聞こえが違う。右耳から聞こえる音が異様に小さい。

とても焦る。とりあえず、気分が悪いのでこのまま一日休んでいて、
様子を見るか。それとも怖いけど、耳鼻科に行ってことの真相をはっきりさせるか。
迷うけど、以前にニュースで、H崎あゆみが治療開始が遅くて、聴力回復が
手遅れになったというのが頭の隅にこびりついていたので、とうとう決心する。

以前から信頼して通っている耳鼻科に朝一で出かける。
電車の騒音が、すごく耳に不快感。家の外は、さまざまな雑音に
満ちていると、改めて感じる。

★初回の診察★
耳鼻科は残念にも、名医の息子の日だった。少々不安もわりと空いていたので、
ホッとする。
症状を聞かれる。耳のこもるような不快感あり。めまいはなし。
鼻のつまり、鼻汁多少あり。

鼻、耳を診察。次に、耳の聴力検査実施。

<診察結果>
鼻、のどに軽い炎症あり。
左耳の聴力は異常なし。
右の低音域の聴力が、著しく劣っている。ほとんど聞こえていない?
(グラフで見ると、かなりショック!)
突発性難聴でないかと言われる。

めまい、吐き気が伴うこともあるが、ないこともあり、
片耳の聴力低下が主となるそうだ。
今の所、原因不明。風邪等が原因ではないという。
投薬、安静で様子を見るということ。
体を温めないように、お風呂はシャワーのみ。
お酒、運動禁止。


その後、鼻、のどの吸入。
右耳のマッサージ(チューブを入れ、耳に電気刺激を与える)
この時、この耳のマッサージで、右耳の感覚が全く刺激されないと、
感じる。

<投薬>
○ステロイド(炎症止め)
○末梢血管拡張剤(血流を良くする)
○代謝促進剤(血流を良くする)
○ビタミンB1(神経の働き改善)
(○その他、抗生物質(風邪薬)、胃薬)

その後、薬局でステロイドは、速攻性でよく効く薬。
強い薬で今マックスに出ているが、少しづつ減らしていくものだと言われる。
あと、絶対安静を命じられる。

買い物をして帰宅するが、早く雑音のない静かな家に戻りたいと痛切に思った。

そのⅡにつづく
[PR]
by riro11 | 2010-06-24 23:59 | 嘆息


花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ      (by イノキ)


by riro11

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

通知
爆笑
激奨
風趣
歓喜
嘆息
苦笑
痛快
感涙
DQⅨ
超個人的

以前の記事

2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
more...

PROFILE

大学院生男子、大学生女子の母
首都圏在住  

MY SITE
壱番館:
「普通の専業主婦だって、文句があるさ!」

タグ

検索

その他のジャンル

画像一覧